おたふくかぜ

子供がかかるイメージが強い「おたふくかぜ」ですが、大人でも発症する病気です。薬を服用する事で1~2週間もすれば治りますが、酷い場合は合併症を引き起こすリスクもあり、稀に難聴になる可能性もあります。軽く見ないで、病院など専門機関で診てもらうのが最善の策です。

おたふくかぜの意味とは

「おたふくかぜ」の正式名称は「流行性耳下腺炎」(mumps ムンプス)で、ウイルス性の感染症です。主に子供がかかる病気として世界的に有名で、大人ほど症状が重くなるとされます。おたふくかぜウイルス(ムンプスウイルス)の感染で発症し、軽いと1週間程度、重い場合は数週間も顎や頬が太ったように腫れてしまいます。発熱する場合が多いが必ずではなく、飲食時の際に喉に痛みを伴うのが特徴です。
おたふくかぜになる原因は唾などによるウイルス感染だが、ワクチンの予防接種で劇的に防ぐ事ができます。一方、解熱剤など痛みを防ぐ薬はあるが、おたふくかぜウイルスに効く薬は現状ではありません。自然治癒に期待する病気でもあり、最悪の場合は子供でも、極稀ですが難聴や膵炎を起こすと指摘されています。
大人のおたふくかぜは深刻に受け止める必要があり、男性の場合は睾丸の炎症など、女性で妊婦の場合は流産、また糖尿病など合併症となる可能性もあります。

おたふくかぜの由来

耳の下にある耳下腺が腫れて、お面の”おたふく”のように見える事から名付けられたのが「おたふくかぜ」です。「流行性耳下腺炎」としてはその歴史は古く、5世紀にタソス島で流行したのが世界初とされています。”ムンプス”と呼ばれる理由は、患者が痛みからぼそぼそと話し、それを当時は似た意味の”ムンプス”が使われるようになったとされています。

おたふくかぜの文章・例文

例文1.おたふくかぜで顎や頬が異様に腫れた
例文2.愛息がおたふくかぜになり学校を休ませた
例文3.おたふくかぜの歴史がとても古い
例文4.大人でもおたふくかぜになる
例文5.おたふくかぜは大抵、自然治癒で治る
おたふくかぜが日本で流行る理由は、ワクチン接種が任意なので世界平均と比較して低くなるからです。それに苦しむのは子供なので、問題視する指摘がネット上では多く見かけられます。

おたふくかぜの類義語

おたふくかぜの類義語には、「鼻風邪」「流行性感冒」「インフルエンザ」などの言葉が挙げられます。

おたふくかぜまとめ

子供は感染症にかかりやすく、おたふくかぜの場合は春から夏がピークとされます。本格流行する前にワクチン接種など予防するべきで、また普段の手洗いや体調管理が大切となります。子供だけでなく、大人もおたふくかぜになる危険性はあるので、同様に常に体調管理に努めるべきです。
「おたふくかぜ(流行性耳下腺炎)・厚生労働省」
厚生労働省のサイトにおたふくかぜに関する詳しい記載があるので、もっと知りたい方は確認してみて下さい。

この記事を読んでいる人に人気の記事