いのちの電話(いのちのでんわ)

いのちの電話とは、様々な問題や悩みを抱え、生きる力を失いかけている人を助けるためにある相談窓口のことです。学校や職場などの問題や、経済的問題など、様々な理由がある中で自ら命を絶つ行為である自殺を考えてしまう人のために、そういった人を減らしていく取り組みとしてあるのが、このいのちの電話です。芸能界でも、ここ数年悲しい訃報のニュースを耳にすることが多くなっていますが、今回は、そういった人たちのために設けられた「いのちの電話」について解説していきます。

[adstext]
[ads]

いのちの電話の意味とは

いのちの電話は、様々な問題などを抱える中で生きる自信を失ったような人に対し、電話で相談を受け、生きる意欲や心の支えとなることでそういった人たちを助け、自殺をする人を減らしていくことを目的に作られた相談窓口のことです。これらの活動は、一般社団法人日本いのちの電話連盟によってボランティア活動として行われています。近年、コロナ渦の影響で様々な生活の変化がある人も増えており、特に新型コロナウイルスが流行し始めたころの2020年は、自殺者数が数年ぶりに前年と比較して増加してしまいました。コロナ以外でも、生活面や経済面、学校や職場、男女関係など、様々な原因で自殺は起きてしまいます。特にここ数年は、有名な芸能人の自殺による訃報のニュースも増えたことから、命の大切さをより実感することが増えたのではないでしょうか。いのちの電話は、自殺者を減らしたいという願いから、電話だけでなくインターネットでも相談を受けられるようになっています。

いのちの電話の由来

いのちの電話は元々、1953年にロンドンで始まったことが由来となっています。当初は「電話で自殺予防」というのがキャッチフレーズとなっていました。その活動が全国にも広がり、日本でも1971年に東京でいのちの電話の活動を行われるようになり、現在は日本全国で50か所の相談センターを設けられており、24時間365日体制で行われています。

いのちの電話の文章・例文

例文1.思い悩んで自殺を考えている人に、いのちの電話を利用して考え直してほしいと思う。
例文2.いのちの電話をもっと国民に知れ渡るようにCMなどで広げていきたい。
例文3.いのちの電話の活動は、ロンドンやシドニーを始め、すぐに全国に広がった。
例文4.いのちの電話の活動をするボランティアスタッフの人には本当に感謝をしたい。
例文5.いのちの電話によって救われる人が今後増えていくことを願う。
いのちの電話を使った例文になります。ボランティアスタッフが行なっているこの活動ですが、そういったボランティアの方々には感謝ですね。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

いのちの電話の会話例

  • 質問者アイコン

    最近芸能人の悲しい訃報のニュースが多いよね。

  • 回答者アイコン

    そうだね、特にファンなどの後追いなんてものもあるらしいから本当に心配になるよ。

  • 質問者アイコン

    その人の悩みはその人にしか分からないけど、本当に悲しいことだよね。

  • 回答者アイコン

    そうだね。いのちの電話というのもあるし、どうか早まらないでほしいと願うよ。

芸能界のニュースについて話している会話例になります。

いのちの電話の類義語

いのちの電話の類義語には、「消費者ホットライン」「よりそいホットライン」などがあげられます。

いのちの電話まとめ

いのちの電話とは、生きる力を失いかけた人のために設けられた相談窓口のことでした。人はそれぞれ、いろいろな悩みを抱えることがありますが、他人に話すことで楽になることも多くあります。命はとても大切です。辛い事や悩みがあったときはそういった窓口に相談することで解決や楽になることもあるでしょうし、そういった活動があることを多くの人に知ってもらうためにも広く活動を広報していくことが、そういった悩みを持つ人を少しでも減らしていけることに繋がるのではないでしょうか。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事