時代の風雲児となりIT業界で大成功する

風雲児(ふううんじ)

風雲児とは、社会の変動や変化に乗じて活躍する人のことを指す言葉です。一般的には「○○界の風雲児」や「時代の風雲児」のような使われ方をする事が多くなります。時代を動かすあるいは時代をリード、先導する人に使われる冠と言えます。今回は「風雲児」の意味や由来、例文や類義語などを交えて、わかりやすく解説をしていきます。

[adstext]
[ads]

風雲児の意味とは

風雲児は、社会の変動などに乗じて活躍する人のことです。一般には何かの機会を得る事で、突如として注目を浴びるような活躍をする人の事を指しており、現在ではYoutuberなども一気に有名になる事で、その様な呼ばれ方をする事も多くあります。

風雲児の由来

風雲児の「風雲」は竜が風を使って天に上るような勢いで、好機が訪れることを指します。世の中が激しく動きそうな前触れの表すこともあります。そのことから転じて「児」という言葉を合わせて世の中で活躍する人を風雲児と言い表すようになったと考えられます。

風雲児の文章・例文

例文1.彼は、今までにない独創的なメロディと歌詞で多くの名曲を生み出し、音楽を好きな人で知らない人がいないくらいの風雲児となっている。
例文2.風雲児である彼の言葉は、とても影響力が大きくいつも世間を探している。
例文3.インフルエンサーである彼女が立ち上げたアパレルブランドの商品の売れ行きは上々で、アパレル界の風雲児となっている。
例文4.SNSを利用して面白い動画を沢山アップロードして風雲児として有名になった。
例文5.風雲児として広く知られていた彼だったが、最近はあまり目にすることが少なくなった。
これらから風雲児は、活躍している人に使われる言葉であることが多いことがわかると思います。特に○○界の風雲児といった使い方がされることが多いので是非覚えておくと役に立つかもしれません。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

風雲児の会話例

  • 質問者アイコン

    最近は、インターネットが普及したことによってSNSを利用して有名になった人多いよね。

  • 回答者アイコン

    そうだね。インフルエンサーとなって様々な分野で活躍している人を良く目にするよね。

  • 質問者アイコン

    うん。風雲児として多くの人が注目されていて今後の活躍が楽しみだよ。

  • 回答者アイコン

    そうだね。特に今は変化が激しいから今後どんなことをしていくか楽しみだよ。

風雲児は、世の中で活躍している人を表す言葉なのでいつの時代でも使いやすいと思います。是非覚えておくとよいでしょう。

風雲児の類義語

風雲児の類義語には、「インフルエンサー」「カリスマ」「英雄」「ヒーロー」「寵児」などがあります。

風雲児まとめ

風雲児という言葉は、時代において活躍する人を指す言葉であり、どの時代でも活躍する人はいると思います。なので風雲児という言葉を耳にすることも多いと思うので覚えておいてつかいこなせるといいですね。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事