異端児な人

異端児(いたんじ)

よく煽り文句の一つとしてこの言葉を使われていることが多いのではないでしょうか。この「異端児」という言葉、よく「革命児」や「風雲児」などと同じように使われます。しかし、この意味を正しくあなたは知っているでしょうか。今回はそんな「?異端児」について詳しく見てみましょう。

異端児の意味とは

異端児の意味とは、ある分野、業界において正統から外れており、その中でも特異な存在となって注目されている人のことを指します。

異端児の由来

異端児の「異端」は、そのときの大多数の人、もしくは正統から外れている立場のことを指します。「児」というと子供のイメージがありますが、男子やその時代や分野を代表する人という意味もあります。そういった意味合いでこの言葉が作られたのではないでしょうか。

異端児の文章・例文

例文1.この業界にとって異端児である社長は、ほかの競合他社からの風当たりが強い
例文2.ラーメン界の異端児と呼ばれる兄のラーメンにはとても想像しがたいものがのっている
例文3.あの教授の論理展開はとても常軌を逸していて、異端児と呼ばれる所以がわかった
例文4.異端児と噂される彼は、とうとう目標である博士号をとってしまった
例文5.正統派が主流のこの業界において、異端児は淘汰されるべき存在である
異端児であることが喜ばれる業界と正統派に固執して異端児は受け入れられない業界があります。

異端児の会話例

  • 質問者アイコン

    この社長のインタビュー記事見た?この人最近テレビとかで出ているけど、本当にすごい人だよな。

  • 回答者アイコン

    その業界では異端児として、さげすまれていたけど最近になって急に脚光を浴びている人ね。

  • 質問者アイコン

    なんだ、良く知っているんだ。この人、今度本出すんだって。サインイベントとかあったら行こうかな?

  • 回答者アイコン

    あなたはその前にこの書類をなんとかしなさい。サインイベントに行けるかはそれ次第よ。

経営者ともなると、ある程度特徴ある人でないとなかなか会社を存続させるのは難しいのではないでしょうか。

異端児の類義語

異端児の類義語として、「風雲児」「革命児」などがあげられます。

異端児まとめ

異端児といったら、「変わり者なのではないか」といった想像をしてしまいますね。異端児というと、変わり者の中の変わり者であることが多く、正統派な理をとことん破壊していくような人も多くいます。
どんどん変わっていく時代に対して、変わらないという精神を貫くこともすばらしいですが、ある程度時代にそくしたニーズにこたえていくことも大切なのではないでしょうか。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事