カレンシー

カレンシーという用語は、通貨という意味です。通貨に対する考え方は、英語を元にしたカタカナ用語になるのですが、流通している通貨という意味と、外国通貨としての用法があります。

カレンシーの意味とは

カレンシーは英語表記だと「currency」日本語に訳すと通貨のことですが、これは、紙幣と硬貨を同時に指しています。そして、ネット環境にある正式な現金の数字に関しても、それは通貨と呼べるので、通貨を基準にした現金の表示である、会計に作用する電子マネーと、金融取引関連としての通貨数字の種類があり、電子的性質を帯びていることから、電子通貨の現金の種類として認識されます。

カレンシーの由来

カレンシーは、英語の用語が元になります。これは、流通している通貨という意味になり、国内通貨という用言で、通貨保存という国内での用語もあります。

カレンシーの文章・例文

例文1.カレンシーの計算をするのは困難である
例文2.国内流通のカレンシーは日銀が把握している
例文3.外国のカレンシーとの取引には注意が必要だ
例文4.カレンシーの行方を見据えるのは、国家の急務である
例文5.世界にはさまざまなカレンシーが存在する

カレンシーの類義語

カレンシーの類義語で、マネーストックというものがあります。これは国内流通カレンシーの用語になり、現金の国家内作用のことを指しています。

カレンシーまとめ

カレンシーは英語がもとになります。通貨という表現は、硬貨や紙幣の総量に対し、電子的現金をもプラスにしたものが計算量となり、カレンシーという英語には、国際的なカレンシー取引の項目も含む用語です。
カレンシー自体は、流通しているものと、銀行が保有するものに分かれますが、銀行の残高も国内では、カレンシーの一部として認識されます。つまり、国内で取引の道具として使用されるのが、国内カレンシーです。カレンシーは流通通貨の総称になります。

この記事を読んでいる人に人気の記事