インタラクション

昨今電車に載ったり、道を歩いていると、スマホを操作している人に出くわす割合が非常に多くなりました。スマホで動画を見たり、あるいは何らかのボタンを押した際には必ずウェブサイトが何かしらのアクションを起こしてくれます。
このようにユーザーの動作に対して起こるアクションのことをインタラクションと言います。この記事ではインタラクションとは何なのか、その具体的な使い方を含めてご紹介していきます。

インタラクションの意味とは

Webツールを利用するにあたってユーザーが特定の動作をした際に、システム側から返ってくるレスポンスの事をインタラクションといいます。
例えば、あなたがYouTubeで再生ボタンを押すことによって動画が流れたり、Webサイト上の購入ボタンを押すことによって完了メールが届くといった双方向のやりとりが発生している状態をインタラクションと言います。

パララックスの由来

インタラクションとは、英語のinterとactionから合成された言葉で、人間が何かアクション起こした際に、それに対してシステムがリアクションをするという双方向のやりとりのことを指します。

インタラクションの文章・例文

例文1.サイトの設計を考えるうえで、ユーザーにとって操作がしやすいインタラクションデザインを考える
例文2.インタラクションが分かりにくいとユーザーは不安になってしまい、その後サイトを訪れる可能性が低くなる
例文3.インタラクションデザインを重視してサイトを構築する
例文4.世の中にはありとあらゆるインタラクションデザインが存在する
例文5.インタラクションの良し悪しでアプリの利用者が拡大するかどうかも大きく変わる
インタラクションは何もWebツールだけの話ではなく、例えば飲食店で入店した際に声をかけることも1つのインタラクションと言えるでしょう。全てにおいて共通する事ですので、概念として覚えておくと役に立つことがあるかもしれません。

インタラクションの類義語

インタラクションの類義語としてはレスポンス、反応、など挙げられるかと思います。いずれも言葉の意味合いとしては何か特定の動作に対するアクションという意味合いになります。

インタラクションまとめ

いかがでしょうか?インタラクションの良し悪し1つでサイトの反響が大きく変わる事は皆さんも実感が大いにある事かと思います。是非、日頃スマホを使ったり、PCでサイトを閲覧する際にどんなインタラクションだったら自分が交換を感じられるか意識してみてください。
自社のWebサイトも作って終わりではなく、何度も利用してみて使い勝手を改良していく事が大切です。

この記事を読んでいる人に人気の記事