インプットとアウトプットを繰り返す

アウトプット

さまざまなところで、インプットも大事だけど、アウトプットがもっと大事と言っているのを聞いたことがありませんか?今回は、「アウトプット」について詳しくご紹介していきます。

[adstext]
[ads]

アウトプットの意味とは

「アウトプット」とは、印刷の出力などの意味合いでよく使われますが、一般には何かを生み出す・発信することを指します。なので、知識や情報を目に見える形にすると言う意味でも使用可能です。

アウトプットの由来

語源は英語で「output」で生産品や出力という意味を持っているので、英語で「Output」と表現されることは少なく、「Output Data(出力データ)」や「Total output(総生産高)」として用いられます。
日本語での「アウトプット」では、経験や知識から生み出された成果や実績を指し、ビジネスシーンでもよく用いられます。
また、経験や知識を表現・口・文章にして相手に伝える際にも用いられており、「アウトプット」をすることで、頭の中にある情報を一旦整理し、知識の定着をはかり、実力を伸ばしていけることで、大きな期待がされています。

アウトプットの文章・例文

例文1.彼はアウトプットを上手にできる人だ。
例文2.インプットしたから、次はアウトプットしないといけない。
例文3.先輩からアウトプットを出すように言われた。
例文4.明日は、プレゼンの日でいいアウトプットの機会だ。
例文5.アウトプットレベルを上げないと人に伝えれない。
アウトプットは幅広く使われる言葉なので、覚えておいた方がいい言葉ですね。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

アウトプットの会話例

  • 質問者アイコン

    上司に昨日のセミナーで学んだことをアウトプットして来いと言われたけど、どうしたらいいかな?

  • 回答者アイコン

    上司もあなたが学んだことを知りたいから、レポートでいいんじゃない?

  • 質問者アイコン

    レポートか…苦手だな。。。

  • 回答者アイコン

    指定がなければレポートじゃなくてもいいよ、例えば写真でプレゼンしてみるとか。

アウトプットの仕方はさまざまなので、凝り固まらずにいろんな方法を試しても大丈夫です。

アウトプットの類義語

「アウトプット」に関する言葉で、「インプット」「アウトカム」などが挙げられます。

アウトプットまとめ

「アウトプット」は、自分の実力を存分に伸ばす最高の方法だと一部でも言われています。また、アウトプットするためには明確な目標設定も大切になってきます。今やるべきこと、すべきことに対してアウトプットしていくことが自分を成長させる一番の近道になるのではないでしょうか。しかし、目標を低くしても顕著に成果として現れるので要注意。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事