トップ > 全国地酒 > 末廣 末廣酒造(株) 【福島県】


福島県会津若松市 鶴乃江酒造(株)  会津中将

江戸年間の嘉永三年(1850)の創業。以来150年以上に及ぶ長きにわたって鬼瓦に守られている嘉永蔵には、酒の神様が棲み、会津杜氏の匠、蔵人の情熱が息づいている。そして21世紀、時代の流れとともに嘉永蔵の想いは博士蔵へと成長。昔ながらの完全なる手造りと最新鋭テクノロジーの共存により、末廣酒造の酒造りも大きく進化を遂げた。
しかし、酒造家としての想いは一つ。会津の水、会津の米、そして会津の人々で造りあげる正真正銘の地酒。昔からずっと、は、これからもずっと……なのである。心に染みる旨い酒造りは止まることを知らない。末廣酒造は伝承と進化とともに会津で歩み続けるのである。

原点は地酒にあり。会津に生まれ育った大地の恵みと、酒蔵に伝承される匠の技が融合して初めて、本物の酒は醸し出される。末廣酒造の哲学であり、美学である。そして末廣酒造が願うのは、ただ「旨い酒」を造りたいというシンプルにして深い心意気なのである。

末廣酒造には「旨い酒」造りのために自ら課している「地酒三か条」がある。
一、天然の旨い仕込み水
二、伝承される会津杜氏の匠
三、仕込み水と同じ水、仕込み水が湧く大地に育つ酒米
どんなに時代のニーズが移ろうとも、未来永劫愛される普遍の旨さをつむぐ末廣酒造。地酒三か条を頑固なまでに守り続ける酒造家魂こそが、会津に末廣の酒あり、と言わしめている由縁である。

 

末廣 伝承 山廃純米酒 1800ml

 価格2,268円(税込・送料別)

【末廣独自の山廃による、角のないまーるい口当たりのお酒】
『国産米』を60%まで磨き上げた山廃純米酒です。

伝承山廃 純米末廣、は燗上がりのいい酒として通の間で好まれています。

燗つけした酒はまろやかさが際立ち、料理のおいしさを引き立てます。
そして、適度な温もりが口の中をさっぱりとさせてくれ、食を促してくれるのです 。

明治末期に山廃造りを創始した嘉儀金一郎氏が、大正初期に試験醸造したのが末廣酒造嘉永蔵。当時から伝承される末廣の嘉儀式山廃造り。酸味と甘味が入り混じるバランスよい山廃純米酒です。

冷から、ぬる燗まで幅広くお楽しみください。

   日本酒度:+0.5 酸度:1.4 ALC:15〜16%


Copyright (c) 2002 Tutitatu Saketen Inc.、All Rights Reserved.
画像・HTML・掲載文・コンテンツ等の不正コピーは固く禁じます