トップ > 全国地酒 > 岩の井 岩瀬酒造(株) 【千葉県】

創業は、享保8年(1723年)と伝えられ、代々当主の副業的に受け継がれて来ました。「岩の井」の由来は、「岩瀬の井戸」を表現しています。

お酒造りのこだわり(山廃と古酒)…蔵から10分程で「月の沙漠」と命名された御宿海岸が拡がっています。蔵の仕込み水は、海岸に近いため地下水が貝殻層を通り、「硬度12〜13」と日本国内でも硬度が高い水です。カルシウムやカリウムが多いと養分が多く発酵が旺盛します。硬度の高い水を使用し「山廃酒母」で仕込みをすると、旨味のある濃醇で酸のしっかりしたお酒になります。岩の井の酒質の特徴である、米の旨味を引き出すために「山廃仕込み」にこだわり、現在、全体仕込み量の三分の二以上を「山廃仕込み」で醸しています。平均精米歩合は60%以下で普通酒でも65%です。大吟醸を除けば原料米のほとんどを千葉県産にこだわっています。

 

岩の井 山廃仕込 辛口純米 1800ml

 価格2,592円(税込・送料別)

【伝統の山廃仕込みで醸す純米酒】

千葉県産米『総の舞』『総小金』を使い65%まで磨き上げた山廃仕込みで醸す純米酒です。

箱麹で麹を作り協会7号酵母で50日以上掛けてじっくりと仕込みます。熟成によって旨味が増します。

淡く緑がかった透明感のある色調。ミネラルさと仄かに穀物の香りを感じます。

合うお料理・・・塩辛や鯵や金目鯛などの干物。鯵や帆立、牡蠣などのフライ。魚介系の鍋、チーズなど。

  
日本酒度:+6 酸度:1.7 ALC:15%


Copyright (c) 2002 Tutitatu Saketen Inc.、All Rights Reserved.
画像・HTML・掲載文・コンテンツ等の不正コピーは固く禁じます